中・高校生のスポーツ選手に多い怪我㉙・・・大腿四頭筋腱付着部炎(ジャンパー膝)

◦大腿四頭筋腱付着部炎とは?

➡一般にジャンパー膝は、膝蓋骨下部の膝蓋靭帯周辺に痛みが発生しますが、なかには膝蓋骨上部の大腿四頭筋腱付着部に痛みが発生する場合もあります。どちらもジャンプやダッシュ、長時間のランニング等走る動作を繰り返すスポーツ選手に多く見られ、オーバーユース(使い過ぎ)に起因すると言われています。

◦泉の杜整骨院での治療方法
➡来院直後で、痛みの症状が強い場合は安静を指示します。それ以外は、出来るだけスポーツを続けながら、症状の改善を目指します。

<治療内容>

1)マッサージ等で大腿四頭筋の筋硬血を取り除きます。…筋硬血を取り除くことで、大腿四頭筋本来の予軟性を取り戻し、大腿四頭筋腱、膝蓋腱の負担を軽減させます。

2)ジャンパー膝は膝蓋骨に付く、大腿四頭筋腱や膝蓋靭帯に微小断裂が起き、炎症が発生している状態なので、運動後のアイシングを徹底させます。

3)超音波やSSP等、各種物理療法機器を利用して痛みを軽減させ、治癒を促進させます。

4)状態を確認しながら、大腿四頭筋に予軟性を持たせる為のストレッチ指導等を行います。

スポーツ障害による怪我は、仙台市泉区八乙女の「泉の杜整骨院」へご来院下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする