中・高校生のスポーツ選手に多い怪我㊶…梨状筋症候群(改訂版)

◦梨状筋症候群について

=梨状筋症候群とは、梨状筋が坐骨神経を圧迫することで生じる<絞扼性神経障害>の事を言います。下肢の運動により、外旋筋群が疲労し、硬くなり、慢性的に柔軟性を欠いていることなどが原因となり、主に臀部から下腿部にかけて、痺れや鈍痛を引き起こします。

◦梨状筋症候群の原因

1)股関節伸筋群の筋力低下

=梨状筋は、股関節伸筋群と共に股関節が動く時の安定性を提供しています。その為、もし股関節伸筋群である大殿筋、ハムストリングスの筋力が低下すると、梨状筋が過剰に働こうとします。その結果、股関節を安定させる為、梨状筋に負担がかかり硬くなってしまいます。

※股関節伸筋群:大殿筋・ハムストリングス

2)仙腸関節の安定性の低下

=梨状筋は仙腸関節を安定させる筋肉の一つです。その為、仙腸関節が不安定になると、梨状筋に過剰なストレスがかかり、硬くなってしまいます。

3)猫背等姿勢の異常

=人間は猫背等になると、自然に背骨が丸くなってきます。そうなると骨盤が後傾し、股関節は自然に外旋位になります。その結果、梨状筋は短縮位となり、伸ばされる機会がなくなり硬くなってしまいます。

◦梨状筋症候群の疑いのある患者さんへの対応

=泉の杜整骨院では、たとえ腰に痛みが無かったとしても、まずは腰椎ヘルニアを疑います。その為、患者さんに対してはこちらで紹介状を作成した上で、一度信頼出来る整形外科の先生に精査(X線やMRI)をお願いしております。その上で腰椎椎間板ヘルニアの可能性が低いという前提で、梨状筋症候群の治療を開始します。

◦梨状筋症候群の治療

=まずは入念にストレッチ指導を行います。その後、梨状筋が硬くなってしまった原因を考えながら、股関節周り(特に外旋筋)の筋脹を弛めるような治療を行います。尚、痛みの症状があまりにも強い場合には、ペインクリニック等もご紹介させて頂きます。

スポーツ障害による怪我は、仙台市泉区八乙女の「泉の杜整骨院」へご来院下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。