交通事故に伴う、診断書の重要性について

交通事故に遭われ、その後整骨院で治療を受ける為には、病院発行(整形外科等)の診断書がとても重要となります。何故ならば、損保会社(加害者側)は診断書に記載されている項目(例:頚部捻挫・腰部捻挫・肩関節捻挫等)しか整骨院での治療を認めない傾向にあるからです。
本来事故直後は体が興奮状態にあり、正確に自分の状態を病院の先生方へ伝えられない為、どうしても診断書の項目にもれが発生しやすくなります。
また、人によっては、事故直後はあまり痛みの症状を感じなかったが、何日か経過した後に首や背中が痛み出したという事はいくらでも有り得ることです。

しかし、損保会社(加害者側)によっては、事故後医療機関を受診されるまでにあまり期間が空いてしまうと、治療を認めてくれない場合があります。(事故との因果関係を証明するのが難しくなる為)。

いずれにしましても、自分で軽症だと勝手な判断はせず、事故後少しでも痛み等があった場合は、早急に医療機関を受診するようお勧め致します。

尚、当院では痛めた箇所のポイントを整理した上で、各医療機関への紹介状等を準備させて頂きますので、もしも事故に遭われた際は、迷わず至急当院へご連絡下さい。

交通事故に伴う「むち打ち」等の治療は、仙台市泉区八乙女の「泉の杜整骨院」へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする