交通事故に伴う、「人身傷害保険」と「搭乗車傷害保険」の違いについて

「実損払い」
人身傷害保険は、過失割合に関係なく実際に生じた損害額を、自分が契約している保険会社から設定した保険金内で受け取ることが出来ます。
「定額払い」
搭乗車傷害保険は、契約している車の事故により運転手や同乗者が死傷した時、入院・通院日数、又は負傷部位別に定額の保険金が支払われます。

人身傷害保険のメリット

  • 相手方損保会社との示談成立前でも保険金が受け取れる。
  • 自損事故の場合でも、傷害に対する保険金が受け取れる。
  • 歩行中や自転車に乗っているときの交通事故でも、補償が受けられるタイプの保険もある。
  • 人身傷害保険の保険金のみを受け取った時は、ノーカウント事故扱いとなる
    ▶「保険契約上の等級が変動しない

搭乗車傷害保険のメリット

  • 怪我の症状が確定した時点で保険金が支払われる。
  • 人身傷害保険金、無保険者傷害保険金、自損事故保険金、相手側からの損害賠償金等を受け取っていても、搭乗車傷害保険金を受け取ることが出来る。
  • 搭乗車傷害保険金のみを受け取った時は、ノーカウント事故扱いとなる
    ▶「保険契約上の等級が変動しない

まとめとして

上記で説明した通り、「人身傷害保険」と「搭乗車傷害保険」の最も大きな違いは、保険金の支払われ方です。「人身傷害保険」は実際の損害額を保険金の範囲内で支払い、「搭乗車傷害保険」はあらかじめ契約で決められた金額を支払うものです。一般に、各々「実損払い形式」と「定額払い形式」と呼ばれています。

尚、保険の利用価値としては、圧倒的に「人身傷害保険」の方が高いと思います。

交通事故に伴う「むち打ち」等の治療は、仙台市泉区八乙女の「泉の杜整骨院」へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする