中・高校生のスポーツ選手に多い怪我㉗・・・野球肩

◦野球肩の症状とは?

=野球肩の症状とは、野球の投球動作によって発症した肩の痛みの総称で、オーバー・ユーズ(使い過ぎ)等で徐々に発症する場合が多いようです。


<野球肩の種類>

1)インピンジメント症候群

=投球時に胸を張って腕を前に持ってくるときに、引っかかる感じや肩の上部に痛みが発症します。一般的に肩を上げていく時、ある一定の角度(70°~120°あたり)で痛みや引っかかりを感じ、それ以上肩を拳上出来なくなります。

  <インピンジメント症候群発症のメカニズム>

2)腱板損傷

=腱板とは、肩の中にある4つの筋肉(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)の腱の複合体を言います。投げる時の胸を張って腕がしなる場面で、腕が後ろに引かれすぎることで、肩の後方で腱板が関節の間に挟まれて損傷を起こします。

<腱板の筋肉>

                                                        <腱板損傷発症のメカニズム>

3)リトルリーグショルダー(上腕骨骨端線離開)

=子供の骨の端の方には、骨を形成する細胞が密集する成長線という軟骨(成長軟骨)があります。大人の骨に比べて強度が弱く、過度の投球による負荷で損傷し、上腕骨の肩の部分の成長軟骨(骨端線)の離開(骨端線離開)が起こって痛みが発症します。

<骨端離開の比較

<骨端線離開のタイプと特徴>

4)その他
①肩関節唇損傷
=胸を張ってから、腕を前に持ってくる瞬間やリリース時に関節内部に痛みが発症します。又、リリース時に”ガクッ”と力が抜ける感じがしたり、力が入らなかったりすると訴えることがあります。

②上腕二頭筋長頭腱炎

=徐々に症状が出てくる場合が多く、トップポジションから腕がしなる時に肩の前方に痛みが出現することが特徴です。まれに、リリース直前で肘を伸ばす時に痛みが出現する場合もあるようです。


※野球肩の診察方法について

=上記で説明してきた通り、野球に伴う肩の構造はとても複雑です。また、正直当院では、肩のどの部分の損傷なのか、正確な判断に迷う事もあります。その際は、日頃お世話になっている野球専門のDrがいる医療機関(整形外科 )で診断をあおぐよう心掛けています。尚、その際の紹介状等は当院で準備させて頂きます。

<泉の杜整骨院での野球肩の治療は、以下の3項目が中心となります>

1.マッサージ及びストレッチ等により、肩関節・肘関節・股関節等の可動域の改善をはかる

2.マッサージ及びストレッチ等により、肩関節後方を中心とした肩甲骨回りの筋力を整える

3.無理のない投球フォームへの改善

尚、最後に野球少年の子供達に伝えていることは、”痛くなる前に治療にくること”本当に強い痛みが発症してからでは、どうしても1ヶ月もしくは3ヶ月又は6ヶ月と投球制限がかかってしまう事が多いように感じるからです。その為にも、肩のメンテナンスを兼ねて試合の前後等は出来るだけ整骨院で治療を受けて、体を整えるように指導しています。


スポーツ障害による怪我は、仙台市泉区八乙女の「泉の杜整骨院」へご来院下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする