中・高校生のスポーツ選手に多い怪我㊴…ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

◦ドケルバン病の症状とは?

➡親指と手首をつないでいる2本の腱「短母指伸筋腱」・「長母指外転筋腱」と、この2本の「腱」が通るトンネル状の「腱鞘」が炎症を起こし親指側の手首に痛みを生じさせる「腱鞘炎」のことです。

ドケルバン病の原因

➡「短母指伸筋腱」・「長母指外転筋腱」はともに「腱鞘内」を走行しており、母指の使いすぎによる摩擦のために炎症が進み、この腱鞘自体が肥厚したり、腱が肥大したりして通過障害をひき起こします。特にスポーツでは、バトミントンやテニス等のラケット競技で発症することが多いようです。

◦ドケルバン病の治療

➡ドケルバン病は、状態にもよりますが、中々治りにくいのが一般的です。泉の杜整骨院では、状態の説明を丁寧に行うことで、患者さん自身が納得して治療に取り組めるよう心がけています。その上で、超音波治療機やSSP治療機を用いて痛みの除去に努めます。尚、大会間近のスポーツ選手に対しては、テーピング等の指導も併せて行っております。

スポーツ障害による怪我は、仙台市泉区八乙女の「泉の杜整骨院」へご来院下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。