交通事故に伴う、「人身傷害保険」の利用について

人身傷害保険とは、自動車の任意保険の内容の一つです。任意保険の契約をしている自動車に搭乗している方が、自動車事故で死傷した場合などに保証金が支払われるものです。尚、自分に過失がある分も含めて、実際にかかった費用について保険金が支払われる「実損払い」が特徴です。

人身傷害保険利用のメリット

  • 自分に過失がある事故でも、補償が全額受けられる。
    自分の契約している損保会社が100%の補償をしてくれるので、相手方損保会社と過失割合の交渉をしなくて済む。
  • 相手方損保会社との示談成立前でも補償が受けられる。
  • 自損事故の場合でも、保険金の支払い対象になる。
  • 歩行中や自転車に乗っているときの交通事故でも補償が受けれるタイプの保険もある。
  • ノーカウント事故扱い
    ご自身が契約している、人身傷害保険を利用して怪我の治療等の補償を受けたとしても、保険契約上の等級は変動しません。

人身傷害保険利用のデメリット

※特に大きなデメリット等は無いように思います。強いてあげるとすれば、次の通りです。

  • 補償を詰め込みすぎると、保険料が高くなる。
  • 物損については、補償されない。
  • 慰謝料等保険金の支払いについて、弁護士基準が適用出来ない。
    (任意保険会社の約款に定められた、支払基準が適用される)

まとめ

上記で説明してきた通り、人身傷害保険はとても保障範囲が広く、また利用する機会の多い保険のように思われます。しかしながら、保険契約者でこの保険の詳細について、理解出来ている方は少ないように感じています。

今後当院に来院される交通事故等の患者さんで、人身傷害保険の利用に該当する方に対しては、こちらから積極的に損保代理店さんに相談する旨、アドバイスしたいと思います。

交通事故に伴う「むち打ち」等の治療は、仙台市泉区八乙女の「泉の杜整骨院」へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする